古い家だけど・・・エコな家にしたい
 
 
 
窓リフォームだけでできる「低燃費」な家
 
エコハウスというと太陽光発電などの創エネに注目しがちですが、そうした設備を考える前に、もっと大切なことがあります。本来考えなければならないのは、家そのものの性能です。日本の家の多くは断熱性が低く、冷暖房にエネルギーがかかりすぎる、いわば「低燃費」な家が多いのです。
 
ポイントは窓の断熱リフォーム。高断熱の窓になれば外の暑さ寒さに影響を受けにくくなり、小さなエネルギーで快適に過ごせるようになります。
 
 
 
 
暑くて寒い日本の家・・・原因のほとんどは窓
 
家の断熱といえば、外壁の断熱材というイメージが強いのですが、実は重要なのは窓の断熱。
窓は熱の出入りが一番多い場所で、壁と比べて、夏は6倍の熱が入り込み、冬は3倍もの熱が逃げ出しています。これが家の燃費を悪くしている大きな原因のひとつです。窓を断熱するだけで、家全体のエコと快適につながるのです。
 
※数値はYKK AP算出データより 夏:外気温33.4℃/室温27℃ 冬:外気温0.5℃/室温20℃の場合
 
 
 
 
手軽な窓交換で、窓の表面温度が10℃以上変わる可能性も
 
窓の断熱性能は年々進化しています。単板ガラスのアルミサッシから樹脂窓に交換することで、冬の窓の室内側の表面温度が4.9℃から18.6℃に上昇するという試験結果も出ています。熱効率が高まり、古い家でもエコな家にできるというわけです。
 
リフォームの工法も進化しました。壁を壊さず、短時間で施工が可能になったことから省コストで、普段通り暮らしながら最新の断熱窓に交換できます。また、今ある窓はそのままに樹脂製の内窓をつけて二重窓にする方法もあります。1窓あたり1時間ほどのスピード施工で断熱性が格段にアップします。
 
※室外温度-10℃ 室内温度20℃ 東京大学 前研究室 試験結果による
 
 
 
 
窓交換で、自然の力を活かすエコライフへ
 
家の通風は、お住いの地域の季節ごとの風向きを知り、それに合わせて適切な風の出入り口をつくることが大切です。
 
最新の窓リフォーム商品には、窓の種類を変更することができるので、開かないタイプの窓を開く窓に替えたり、風向きとの相性を考えて窓の開き方を変更することで、風を取り入れやすくすることができます。
 
 
 
おすすめの窓リフォーム商品
 
かんたんマドリモ
 
 
 
エコ内窓 プラマードU